2016年2月20日土曜日

EOS 80Dとα6300のどっちが魅力的かを感覚で選んでみる。というひどい比較記事。 

キヤノンから発表されたEOS 80D






ソニーから発表されたα6300







魅力的なカメラはどっちかなー? って考えました。

まず売りはなにか?




EOS 80Dのプレスリリースの冒頭には

視野率約100%の光学ファインダーとオールクロス45点AFなどの本格的なファインダー撮影性能に加えて、動画撮影時における滑らかで追従性の高いAFを可能とする「デュアルピクセルCMOS AF」を備えており、快適な動画撮影性能を実現しています。

とあります。


α6300のプレスリリースの冒頭には

世界最速0.05秒の高速AFを実現し、世界最多425点の全面位相差AFセンサー搭載。
最高ISO51200の高感度撮影や解像力の高い4K動画記録も実現。

とあります。


ふたつのデジカメは、一眼デジカメと、ミラーレスデジカメなので、

完全な比較対象にはなりません。

ですが、消費者目線で言えば、

"どちらが魅力的なデジカメか?"

と普通に比較されちゃう機種同士だと思います。






EOS 80Dは一眼デジカメらしく、光学ファインダーなので、

視野率が100パーセントというカメラマンが気にする部分をアピールしています。

クロス45点AFもオートフォーカスの合焦精度に関わってくる部分をアピール。

そして動画も高いAF性能がありますよとアピールしています。










一方α6300は、高速なオートフォーカス、センサーの数、

ISOの高さ、4K動画をアピールしています。

どちらの機種も、静止画、動画ともに性能が高いことをアピールしているように思います。


さて、では前機種と比べてどっちの方が進化しているのでしょうか?












EOS 70Dは

視野率約98パーセントでした。オールクロス19点のAFポイント。

動画撮影時のオートフォーカスである

『デュアルピクセルCMOS AF』は新機種80Dと変わりません。









α6000は

0.06秒のAF。179点像面位相差AFセンサー。

最高ISO感度25600でした。










画面上のスペックを見る限り、α6300は猛烈にピントが合いそうです。

EOS 80Dの19点に比べたらケタが違いますもんね。


視野率100パーセントなんて、α6300の場合、有機ELファインダーなので

関係ありません。


動画撮影時のオートフォーカスは、

EOS 80DのデュアルピクセルCMOS AFに対し、α6300はファストハイブリッドAFを搭載。

デュアルピクセルCMOS AFは、位相差AFの拡張みたいな仕組み。

ファストハイブリッドAFは位相差AFとコントラストAFの組み合わせのような仕組み。


と、スペック上の性能だけ見ると、なんだかα6300が圧勝なのか?

みたいに見えちゃいますが……。



私なりの見解を書きます。

今やデジカメは、静止画も動画もキッチリとAFが効かないとダメな世界なので、

どちらが優秀かは言いづらいですが、静止画のAFは、キヤノンのほうが合焦しやすい

という感覚があります。

ソニーのAFは、条件がいいと気にならないのですが、一瞬迷ったときに、

フォーカスが行ったり来たりしたまま、なかなか合焦しないことがあります。

これは私の使っている感覚なので、人によっては違うと言われるかもしれませんが、

おそらくソニーのミラーレスユーザーと、キヤノンの一眼ユーザーなら

私の言っている意味はなんとなくわかってもらえるのではと思っています。

当然、私はEOS 80Dα6300で比べたわけではありません。

α7RIIとEOS 5DMark IIIだったので、EOS 80Dα6300では評価が変わるかもしれません。

ただ、メーカーのクセはずっと引き継いでいるっぽく、

昔の機種(EOS 60D、70D、NEX-5、NEX-7など)から変わっていない気がします。



ところが、動画時のAFはソニーのほうがいいような気がします。

キヤノンのデジカメは動画時のAFはあまり得意でない感覚があります。

合焦しないわけではないのですが、合焦が早いというイメージがありません。

一方のソニーのAFは、動画のときはずっと合焦しているイメージです。

ホントに食い付いたら外さない感覚です。

パンニングしているときに、カメラと狙っている被写体の間に

別の物体があった場合、速攻で新たに捉えた物体に合焦している気がします。



まさにこのサンプルムービーの感覚です。



と、検証もしないで、感覚だけのいい加減な記事を書いてしまいましたが、

撮影って感覚がすごく大事じゃないでしょうか。

被写体を見つけて、カメラを構えて、ピントを合わせて、シャッターを切る。

この4ステップがすんなりと進むと、ああいいカメラだなって思わないですか?

動画の場合だと少し違いますが、

被写体を見つけて、カメラを構えて、スタートボタンを押した後に、

スッとAFが効いて合焦してくれるって、気持ちいいですよね?


この感覚を重要視するとなれば、静止画メインなのか、動画メインなのかで

選択するカメラは変わってくるのではないかなと思います。




文頭に書いた

魅力的なカメラはどちらか?

ですが、私的な結論としては静止画メインならEOS 80D

動画メインならα6300でしょうか。

α6300の4K動画記録も動画メインの撮影者にとっては魅力ですしね。



もちろん、EOS 80Dで動画が撮れないわけではないですし、

α6300にとってもしかりです。


レンズマウントがそもそも違うので、

ソニーEマウントユーザーが、おいそれとキヤノンのデジカメは買えませんし、

キヤノンユーザーがソニーのデジカメを気軽に買えるのかという問題もあります。



ですので、お金に余裕のある人や、

これからデジカメを買うと言う人が参考にしてもらえば。

ってそんな人はこんなブログ読んでないですかね(笑)



ま、こんなどうしようもないオチですよ。

失礼しました-。







2016年2月12日金曜日

パナソニックなのにEFレンズマウントなの?

バナソニックが4Kのカメラを発表しましたね。

メモリーカード・カメラレコーダー「VARICAM LT」と言うらしいです。

品番はAU-V35LT1G。

あれ? パナソニックなのに! EFレンズがついてる!

なんで?











そして全体のこの形!
この伸びた取っ手、どっかで見たことある!





まあ、形はともかく、大事そうな所、コピペしていくよ。





■スーパー35mm MOSセンサー搭載。
■14+ストップの4K映像収録が可能。
■EFマウント標準、PLマウントオプションでユーザーのレンズ選択を拡大。



スーパー35mmはもう別に意外でもなんでもない、普通だよね。

14+ストップ4K……。14ストップもあればいいほうですかね?

RED ドラゴンセンサーだと15ストップでしたっけ?
HDRxかますと18ストップとか?

うーん、まあREDと比べるのはかわいそうかな。

EFマウントが標準は、素晴らしいっすね。

キヤノンはEFレンズで結構いいもの多いですしね。

Lレンズ買えば、それなりに写る気がする。

いや嘘。

Lレンズでもダメなレンズはあるよね。

ただしスチルだと気になっても、

ムービーで使うと気にならないことも多いから、

いいのかな。



■コンパクトな一体型、本体約2.7kgの軽量がもたらす自由なカメラワーク。


今の時代にこれをコンパクトというかは微妙だけど、

昔に比べたらかなりコンパクトだよね?




・広いダイナミックレンジの“V-Log”ガンマを搭載。
・デュアルネイティブISO(800/5000)を搭載。ISO5000では夜間や室内の自然光撮影でも低ノイズでリアルな描写が可能。
・フィルムに迫る広色域の “V-Gamut”を搭載。
・V-Logワークフローだけでなく、シーンファイル機能でカラーグレーディングを必要としないワークフローをサポート。新“V-LOOK”モードでは広ダイナミックレンジを活かしたシネライクなトーンが得られます。

logでの収録モードはそりゃあるよね。
ソニーだったらS-log、キヤノンはCanon Log。パナソニックはV-Log


・4K/60p撮影:4K/UHD解像度で、最大60p(秒間60フレーム)のフルフレームレート収録が可能。
240pスロー:センター切り出しによる最大240fpsの高速度撮影が2K/HD解像度で可能。

4K60pはいいよなぁ。α7RIIとか4K30pなんだ……。

って、おいらのカメラの話はどうでもいいか。

120fpsではなく240fpsってのもいいね。ハイスピード撮影が捗るね!




・赤外線撮影:着脱可能なIRカットフィルターを採用。赤外線を利用して暗闇でも4K映像撮影が可能。

暗闇でも使えるって言うけど、ピンはマニュアルで合わせるんだよね?
さすがにオートフォーカスは迷うよね?


・4K収録:AVC-Intra 4Kコーデックにより、4K(4096×2160)/UHD(3840×2160)を高画質記録。
・2K収録:AVC-Intra 2K444/2K422/2K-LTで2K(2048×1080)収録に対応。
・HD収録:AVC-Intra 444/422/100/LTまたはApple ProRes※2 4444/HQのマルチコーデック。
・メイン/プロキシのデュアルコーデック記録。メインはexpressP2カードに、プレビュー/オフライン編集用のHDプロキシをSDメモリーカードに同時収録。
・カラーグレーディング機能を内蔵。撮影現場で仕上がりイメージを確認でき、撮影・編集のワークフローを改善。

デュアルコーデック記録とかが業務用ならではだよね。

民生のカメラにはいつまで経っても搭載されないよなぁって当たり前か。

カラーグレーディング機能を内蔵なのも現場ですぐ確認出来てよさそう。

まあ最近のカメラならありがちですけどね。



と、まあいろいろ書きましたが、

EFマウントってのが一番面白い部分ですよね。



こういうチャレンジしてくれるパナソニックの姿勢は大好きです。


価格が250万円なのはいただけないけど。


もう少し安くしてぇぇ。





この辺りのオプションも買うと……500万円コースね。

うーむ。やっぱり高い!








2016年2月6日土曜日

そういやOSMO買ったな……と。また使ってないぞ……と。

別に今更感が満載ですが、DJI OSMO 3軸ハンドヘルドジンバル買いました。

で、使ってみました。






発売後すぐに撮ったような気がするけど、

いつ撮ったかも忘れてしまい……。


DJI OSMOのすごい所は、設定もなにもないので、

電源オンで起動したら、構えて撮るだけってとこ。

なんと楽チンなビデオカメラなんでしょう。


しかも4Kで撮影出来るので、

その辺のビデオカメラで撮るよりキレイです。





DJI OSMOって周辺機器も充実しているんですよね。

DJI OSMO用 三脚
DJI OSMO用 三脚
価格:7,400円(税込、送料別)

DJI OSMO用 バイクマウント
DJI OSMO用 バイクマウント
価格:6,600円(税込、送料別)



DJI OSMO用 拡張スティック
DJI OSMO用 拡張スティック
価格:7,400円(税込、送料別)


てな感じで、拡張もしっかりできるのがいいところ。


ちと、これで作品を撮る機会がありそうなので、


もう少し試し撮りしないとなと。



















2016年2月5日金曜日

8Kの笑点ってどうなの?w

なんか久々にこのブログページの編集画面を見たわ。

3年ぶりくらいに書いてる?




まあいいや、


日テレ・テクニカル・リソーシズさんのWebページに、


笑点を8Kで収録したとかいう話があったので、

気になって少し調べてみた。



桂歌丸さんのおでこがどの程度の輝きで録画されたのかは気になったけど、

目の中に映り込んだ……みたいな話しか書いてなくてがっくりした。





8Kってどんなカメラなんだと思ったら、


池上通信機が出してるカメラなのね。


4板方式カメラ『SHV-8000』





(写真はAV Watchさんのページから拝借)

8Kは別に珍しいことではなくて、

2014 FIFA ワールドカップ ブラジルのときもNHKは使っていたし、

次世代放送推進フォーラムってとこが推し進めているので、


時代の流れってかんじですかね?



4Kカメラなんかは民生に降りてきているので、


すでに4K対応のビデオカメラとかを持っている人も多いのではないかと思います。


編集だって、PCAdobe Premiere Pro CCとかあれば、できちゃいますからね。



で、8Kは? 


カメラもまだ民生ではリリースされていないし、


編集環境もかなり特殊。



AV Watchさんの記事で以前書かれていたモノを抜粋すると……




カメラヘッドの「SHV-8000」から、2芯カメラケーブル(Lemo)でCCU「SHV-8000」に入力し、BNC×16で接続したカメラ画像処理装置「VP-8404」を介して4Kモニタ「PVM-X300」にダウンコンバートして表示しながら色味などを調整。P2レコーダの「AJ-ZS0300」を使用し、P2カード17枚(うち1枚は管理データや2Kプロキシに使用)を使って、P2カード1枚につき、100Mbpsで転送/記録。全カードを合わせて8K映像を1時間程度保存できる


めんどくせぇぇぇぇ。



BNCを16本? ダウンコンバート? 



P2で録画?




ファーーーーーーーーーーーーーw



そんなメンドイことやってられない。


P2がメディアとして使われているとか、どうかしてるw



そしてデータは……




撮影後の素材のバックアップとしては、P2カードから、LTO 5に保存。LTO取り込みは、実時間の5倍で、ベリファイを行なうと7.5倍にも達するという。
 次のオフライン編集では、P2カードに収録されたHDのプロキシ映像(AVC-Intra100)を活用。オフライン編集機の「プラナス」は、スロット付きのため、ファイルの出力が容易に行なえ、ネイティブ編集が可能。オフライン編集後は、編集データのEDLファイルを書き出し、オンライン編集機器へと渡す。
 オンライン編集では、オフライン編集データのEDLを元に必要な素材をP2カードからリアルタイムキャプチャ。撮影時に自動生成されていたHDプロキシ映像で編集作業を行なう。その後、テロップなどの静止画や、音声ファイル(WAV)の取り込みも実施する。なお、SHV編集機の収録容量は10時間。静止画合成は実時間の4倍かかるという。
 カラーグレーディングは、いったんSSDレコーダに対象カットを送り、そこで行なう。カラーグレーディング装置において、リアルタイム補正、色収差/輪郭補正、センサー傷やレンズ歪みなどを修正し、処理後の映像が自動で差し替わる。その後、SHV編集機からリアルタイムで再生して、P2カードへ完成映像を収録する。なお、編集卓からチェックできるように、編集室には、シャープ製の85型8Kディスプレイも設置されている。


P2からLTO5? 



グレーディングはSSDレコーダに送ってから?


8Kディスプレイ?


すべておかしなことになってるw







はい……。


ということで、民生で使うにはまだまだハードルが高すぎますね。


多分、一般の人はP2とかLTOとか知らないからw


ちなみにP2はコレね。




完全に業務用のメディア。

見たことないですよね?





LTOってのは、コレ





いまどき、磁気テープメディアとか

はやらねぇぇぇw





文句ばっかりじゃなくて、


じゃあ8Kってどんな映像なのよ



ってことで実際の8K映像見たいよね?




ではどうぞ!









8Kに再生環境オプションを変更してフルスクリーンで見てください。

ただし、PCスペックがかなりよくないと、コマ落ちでしか見られません。

コマ落ちしながらでも、精細さはわかってもらえるはず。





すっげぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇキレイ!



キレイ過ぎてコーヒー吹いたわw




と言えども、

基本的に8Kのカメラを一般の人が使えるわけがないので、

YouTubeにアップされている8Kと謳っている映像は、

すべてタイムラプス映像。

スチルカメラで撮った画像をつなぎ合わせて映像にしているものです。

キレイなのも当然ですね。


だけど、これが普通に撮れる時代がきたら、

楽しいだろうなぁ。








2013年10月14日月曜日

夕日がきれいだったからBMPCCで撮影してみた



なんのひねりもなく撮影してみただけです。
マンションからものすごくキレイに夕日が見られたので、
ついでに撮影してみました。
ダイナミックレンジの広さが活かされた映像になっている……と思いたい。
比較カメラの映像がないのでなんとも言えません……。


Camera:Blackmagic Pocket Cinema Camera
Lens:LUMIX G VARIO 14-42mm/F3.5-5.6 II ASPH./MEGA O.I.S.
ISO:800ASA
WB:5600K
SA:172.8
FR:24fps
Edit:Adobe After Effects CS6

光の筋がキレイですね。
キレイでしょ?

実時間を伸縮比率60%で、スピードアップさせてます。
そりゃ見たらわかると思いますが。

ということで、
オチもありません。


 

2013年10月12日土曜日

Blackmagic Pocket Cinema Cameraでテストシューティング……のはずが……



BMPCC Omotesando Japan Test Shoot from Redsheepstaff on Vimeo.

Camera:Blackmagic Pocket Cinema Camera
Lens:LUMIX G VARIO 14-42mm/F3.5-5.6 II ASPH./MEGA O.I.S.
ISO:800ASA
WB:5600K
SA:172.8
FR:24fps

LUT:Blackmagic Cinema Camera Film to Rec709
Edit:DaVinci Resolve Lite


てことで、外部モニターもファインダーもなしで、カメラとレンズだけで撮影に出発。
日暮れが迫って明るさがなくなっていく中、場当たり的に1時間程度で全撮影終了。


で、撮影したときの感想とか。


このカメラ、ピントは搭載液晶だけではほぼ掴めません。
ですが、ピーキング表示が可能なので、結構ピントは合わせやすいです。
それより、ダイナミックレンジを稼ぐために
カメラ設定で"フィルム"モードにすると
色が薄く表示されてしまうので、
どんな色味が出ているのかちっともわかりません……。

カメラ設定とは別に、モニター設定で
"ビデオカラー"表示に設定できるのですが、
それでも写っている被写体の色は、
わかるような……わからないような……。

白飛びはゼブラ設定が可能なので助かります。
100%の設定にして電灯とかヘッドライト以外は、
白飛びしない程度で撮影し続けました。


このカメラ……センサーがスーパー16mmサイズで、
マイクロフォーサーズマウントということで、
35mm換算だと2倍くらいの焦点距離みたい……。

しかも、F値も2倍みたい……。
F3.5-5.6のレンズなんて突っ込んだら、ちっともボケません。
あっという間にパンフォーカス作品の出来上がり。

14-42mmのレンズなので、
28-84mmという有様。
F値なんてF7-11.2というとんでもない絞り込み専用のレンズに……。

浅い被写界深度ってなんですか?



撮影時のセッティングも、グレーディングも全然煮詰めてない状態だけど、
なんとか撮影後に処理は出来たみたい。

マウントアダプターが必要だわ。
EFレンズが使いたい……。

まだまだしょっぼい映像ですが、
撮影していきながら、いろいろ勉強していくことにします。


2013年6月24日月曜日

こんなに手に入らないボールペンかあるとは……

カメラも映像もなにも関係無いけれど。
たまにはいいかという話題。


昔から使っていたボールペンが
インク漏れで大変なことになったので、
同じボールペンを買おうとネットで検索しまくるが
ちっとも売ってない……。

すべて売り切れとか。

そのボールペンは
Waterman Kulturというシリーズなのだが、
自分では気に入っていて、使いやすかった。

見た目がポップな感じなのがよく、
なにより安い。

ボールペンでそれなりの名のあるブランドだと
すぐに万単位のお金が飛んでしまう。

このKulturは、販売価格が1500円くらい。
じつに安価で販売されている。

そのせいなのか、すでに市場には在庫がないような状態らしい。
メーカーサイトにはすでにKulturの名前がないので、
販売(生産も)は終了したのかな?


で、仕方なく、アメリカのAmazonを検索すると……。

あった!

で、即購入。





豪華な化粧箱に入っていますが、
15ドル程度です……。

アメリカのAmazonで購入ですが、発送元はフランスでした。
結局Watermanの本場から届いたという……。

今度はインク漏れしないでね。

と祈るだけではなく、
技術力は世界一の日本製リフィルに交換してしまうことにしました。

じつは、このクルトゥールは日本製のリフィルでピッタリなものがあるんですね。
三菱鉛筆さんはいい物を作っていらっしゃる。
性能もピカイチ。

リフィルはまだ届いていないんですけどね。


あ、こんなにボールペンラブみたいな原稿書いていますけど、
普段はもっぱらPCで記事録取ったりするので、
ボールペンはあまり使いません。


ただ、好きなんです。
あまりマニアックなブランドは知らないですが、
モンブランWatermanLAMY系が好きなんです。
どれも、いい書き味なんです。フィット感なんです。
パーカーはあまり使ったことがなく、よくわかりません。

次は、
モンブラン マイスターシュテュック ダイヤモンド ルグラン
あたりが欲しいなと。
ミーハーだけど。