2011年10月18日火曜日

キヤノンからデジタル一眼カメラの最高機種が出た!




・35mmフルサイズ・約1810万画素CMOSセンサー搭載
・進化した高性能映像エンジン「デュアル DIGIC 5+」
・常用ISO感度 100~51200*1
・最高約12コマ/秒*2(超高速連写モード時、最高約14コマ/秒)の高速連写性能
・10万画素RGB測光センサーによる新測光システム「EOS iSAシステム」
・被写体検知による高精度追従を可能にした「EOS iTR AF」
・F4のレンズで41点クロス測距が可能*3な、「61点高密度レティクルAF」搭載
・視野率約100%のインテリジェントビューファインダー
・高い信頼性を追求。マグネシウム合金製ボディ、防塵・防滴、高耐久シャッター
・多重露出撮影機能搭載
・選べる圧縮方式、タイムコード対応したEOS MOVIE

*1 推奨露光指数
*2 ISO32000以上のときは、最高約10コマ/秒になります。
*3 一部レンズを除く。




EOS-1D X』という名称になった。

1Dsと1Dの後継で、事実上の統合。

『X』の文字は、『Extreme』(超越する)という意味と、1Ds Mark IIIと1D Mark IVを統合するクロスオーバーの『X』(クロス)の意味を持つらしい。



2012年3月発売予定。価格はオープンだが、ヨドバシカメラなどではすでに64万8000円という価格を出している。

注目ポイントは1800万画素のフルサイズセンサー。
なのに秒間12コマの撮影が可能。『デュアル DIGIC 5+』の搭載で処理速度アップの様子。





そしてAFポイントの増加。F4のレンズで41点クロス測距が可能な、『61点高密度レティクルAF』搭載。EOS 1D MarkIVなどの45点ポイントから大幅増加で、AIサーボAF IIIの搭載により、AFの予測精度が高まった。
これにより野鳥撮影やレース系の撮影、スポーツ系などは被写体を逃しにくくなり、ボツカット数も減ると思われる。


ISO感度も上がって常用ISO 100~51200(推奨露光指数)と謳っているが、実際には6400程度が限界だと思うが、そのあたりはテストショットを見てみないとなんとも言えない。

さて、ウチのスタッフが気になる部分。
EOS Movieについては……。


なんと、タイムコードやドロップフレームの設定などが可能になっているらしい! これはかなりいい話。

動画編集に対する使い勝手はよくなった。記録サイズとフレームレートは、1920×1080、30/25/24fps。1280×720時、60/50fps。640×480時、30/25fps。基本的な部分はきっちり抑えられている。

とりあえず、ムービーを見てちょーだいな。


キヤノン公式ムービー



以下はキヤノンヨーロッパの宣伝用ムービー。


タイムラプス+ミニチュア撮影モードとか、モナコだと映えすぎwww
しかし、連写モード時の音がすさまじい。


細かい部分では、新しい圧縮方式、All-I/IPBを採用したとのこと。なんだかよくわからんが、All-Iは、1フレームごとに圧縮を行なうもので、デコードも1フレーム単位。つまり、合成などは少ししやすくなったということかな?
一方のIPBは、従来と同等の画質でありながら、より高い圧縮率が得られるとのこと。長時間録画向きなので、まあどうでもいいです。
あとは、ファイルサイズの4GB制限の解除。ファイルサイズが4GBになると、新しいファイルを自動的に作成するようになった。そして動画サイレント設定なるものの追加で、
サブ電子ダイヤルの内側に、タッチセンサーを搭載(4方向)が設けられ、動画撮影中、録音レベルなどの設定をほぼ無音で変更することが可能とのこと。これはありがたいかも。でも録音レベルは最初に調整しとくもんだろと考えるといらない機能かも? つってもあれば便利か。





ほかにはイーサネットポートを内蔵とか、GPSユニットに対応とか。
あんまり関係ないけど、別売のGPSユニット(2万5000円)をつければ緯度経度を記録とかは、トレンドを抑えている感じかな。ネイチャーカメラマンならありがたいかもしれない。




結論としては、文句ナシのカメラだが、高すぎ。










2011年10月17日月曜日

一眼のストロボに適した充電池はコレしかないでしょ

カメラを使うことが多いウチのスタッフですが、
ストロボの使用も意外と多くあるわけで。

そんなときに『エネループ プロ』はいかがでしょう?
私も最近知ったのですが、従来の白いエネループより、容量アップしているらしく、
使い勝手がよさそうです。

公式サイトはコチラ








一方で重量などを軽くした『エネループ ライト』っていうのもリリースされているみたいです。
こちらは旅行なんかに持っていくとき軽いのでいいかもしれません。使用時間はノーマルのエネループより短くなっちゃいますが、重いのはイヤだという人にはオススメです。


公式サイトはコチラ


電子書籍を手がけてみたりした

ブログページなのに、更新しなさすぎなのはどうかと思うんだけど、
いろいろと書けない仕事がたくさんあって、にっちもさっちもでした。

とりあえず、書けることを……。

BSフジさんで放映中の『ジャパコンTV』の電子書籍版の制作をしておりました。
ただいま無料でダウンロードできますので、iPadユーザーはぜひチェックしてみてください。

iTunesプレビュー

画像があるのは当たり前ですが、
第1回放送分がムービーとしてほとんど収録されているので、
結構楽しめると思います。

残念ながら解散となってしまったアイドル声優ユニットの『LISP』さん情報なんかもあります。