2013年10月14日月曜日

夕日がきれいだったからBMPCCで撮影してみた



なんのひねりもなく撮影してみただけです。
マンションからものすごくキレイに夕日が見られたので、
ついでに撮影してみました。
ダイナミックレンジの広さが活かされた映像になっている……と思いたい。
比較カメラの映像がないのでなんとも言えません……。


Camera:Blackmagic Pocket Cinema Camera
Lens:LUMIX G VARIO 14-42mm/F3.5-5.6 II ASPH./MEGA O.I.S.
ISO:800ASA
WB:5600K
SA:172.8
FR:24fps
Edit:Adobe After Effects CS6

光の筋がキレイですね。
キレイでしょ?

実時間を伸縮比率60%で、スピードアップさせてます。
そりゃ見たらわかると思いますが。

ということで、
オチもありません。


 

2013年10月12日土曜日

Blackmagic Pocket Cinema Cameraでテストシューティング……のはずが……



BMPCC Omotesando Japan Test Shoot from Redsheepstaff on Vimeo.

Camera:Blackmagic Pocket Cinema Camera
Lens:LUMIX G VARIO 14-42mm/F3.5-5.6 II ASPH./MEGA O.I.S.
ISO:800ASA
WB:5600K
SA:172.8
FR:24fps

LUT:Blackmagic Cinema Camera Film to Rec709
Edit:DaVinci Resolve Lite


てことで、外部モニターもファインダーもなしで、カメラとレンズだけで撮影に出発。
日暮れが迫って明るさがなくなっていく中、場当たり的に1時間程度で全撮影終了。


で、撮影したときの感想とか。


このカメラ、ピントは搭載液晶だけではほぼ掴めません。
ですが、ピーキング表示が可能なので、結構ピントは合わせやすいです。
それより、ダイナミックレンジを稼ぐために
カメラ設定で"フィルム"モードにすると
色が薄く表示されてしまうので、
どんな色味が出ているのかちっともわかりません……。

カメラ設定とは別に、モニター設定で
"ビデオカラー"表示に設定できるのですが、
それでも写っている被写体の色は、
わかるような……わからないような……。

白飛びはゼブラ設定が可能なので助かります。
100%の設定にして電灯とかヘッドライト以外は、
白飛びしない程度で撮影し続けました。


このカメラ……センサーがスーパー16mmサイズで、
マイクロフォーサーズマウントということで、
35mm換算だと2倍くらいの焦点距離みたい……。

しかも、F値も2倍みたい……。
F3.5-5.6のレンズなんて突っ込んだら、ちっともボケません。
あっという間にパンフォーカス作品の出来上がり。

14-42mmのレンズなので、
28-84mmという有様。
F値なんてF7-11.2というとんでもない絞り込み専用のレンズに……。

浅い被写界深度ってなんですか?



撮影時のセッティングも、グレーディングも全然煮詰めてない状態だけど、
なんとか撮影後に処理は出来たみたい。

マウントアダプターが必要だわ。
EFレンズが使いたい……。

まだまだしょっぼい映像ですが、
撮影していきながら、いろいろ勉強していくことにします。